健康保険への加入

トップ健康保険について入社したとき・退職するとき>健康保険への加入

わたしたちは、入社するとその日から健康保険をはじめとする各種社会保険の「被保険者」となり、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されて、翌月の給料から保険料が毎月徴収されることになります。

健康保険に限らず社会保険の場合は、一定の事業所で働く人はすべて本人の意志には関係なく、強制的に保険に加入することが法律で決まっています。これを皆保険といい、個人が自分の好き勝手に社会保険に加入したり、脱退したりすることはできません。
被保険者の資格は入社した日に取得し、退職した日の翌日または死亡した日の翌日に失います。
75歳(一定の障害がある場合は65歳)以上の人は在職中であっても被保険者の資格を喪失し、後期高齢者医療制度に加入することになります。

健康保険組合への加入
ページの一番上へ